ドミナンス50%理論スレpart5

5pt   2018-02-13 14:38
BitNewsJapan

引用元

1 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 12:27:30.82 ID:sy0sdiHa.net
ドミナンスとは市場におけるビットコインのシェアです。

ドミナンス50%理論とは、
アルト祭りの後の暴落では
ドミナンス50になるまで上下しつつも結局暴落する、というものです。7月も9月もピッタリドミナンス50でトレンド転換しています。

この理論に基づくと3月中にイーサ4万円未満、リップル30円未満に下がります

それまでの期間はナンピン推奨です

前スレ
http://itest.5ch.net/fate/test/read.cgi/cryptocoin/1517142399

ドミナンスの値は下記で確認できます
https://coinmarketcap.com/charts/

4 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 12:35:32.75 ID:papusknW.net

今は、ドミナンス40理論が現実では?

将来は、ドミナンス30理論、20理論と、どんどん基準点が下がります

10 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 12:58:02.84 ID:papusknW.net

年末に38%から65%に上がったといっても、
もともと90%近くあったのが38%まで下がって
65%に戻っただけだから、90%から65%にドミナンスが切り下がったともいえる。

だから、今度はドミナンス上限が65%から40%に切り下げるかも。

8 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 12:40:24.43 ID:papusknW.net

ある意味、リップルがビットコインの100万を邪魔したともいえるかも。
リップルが暴騰することで、資金がリップルに向かった。
リップルが暴騰しなければ、100万こえて、さらにもう一段上放れしたかもね。

アルトが暴騰することで、ビットコインの上昇が抑えられて下落。
それがアルトに波及して、結局アルトも下落。

32 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 14:09:50.51 ID:0h57+bfD.net

今の私の考えは
ビットコインはある程度限界に来ていて、
一旦アルトを完全に切り捨てないと上がれないと思います

そのためには長期ホールドしてる10人中9人がバブル崩壊で仮想通貨は一時的でなく完全に終わった、というところまで下がる必要があると思います。

しかし、シンプルに下げるとショーター有利なので上げ下げしてショーター焼きするかと思います

64 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 20:18:15.90 ID:papusknW.net

6日の65万から、7日の夜には90万に回復して、
そこからずっとボックス相場。
これだけ動きがないのは、仮想通貨市場では珍しい。
どっちに触れるか難しいな。

ドミナンス上がらないまま無理に上値追いをすればすれほど、
力尽きたときの反動が大きそうだ。

46 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 17:39:18.84 ID:2oEVvAkI.net

USDTは1ドルで安定しててテザーの問題が一旦は落ち着いたようですね

81 :承認済み名無しさん:2018/02/13(火) 00:21:58.00 ID:zp+fV4ZZ.net

出来高がとうとう2兆切った…
ドミナンスどうこう以前に市場が冷め切っててこのまま横横からじわじわ下げていって終わる可能性も出てきた

50 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 18:13:06.15 ID:Na4+RNE4.net

中期下降ウェッジ突破
4時間足雲抜け
過去最大の出来高でリバ(セリクラ)

ファンダでも
アメリカが好意的
DMMやSBIがマイニング参入
コインチェック出勤再開

ドミナンス無視して上げそうな雰囲気になってきたけどドミさん的にはやっぱり下げ予想?

63 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 20:13:36.13 ID:papusknW.net

>>60
仮想通貨を取り巻く環境も刻々と変わっているからね。

「不動産や株価は永遠に上がり続ける」なんて根拠のない神話が、
1990年頃まで本気で信じられていて、銀行の担保に利用されていたんだから。

5 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 12:36:40.73 ID:papusknW.net

ずいぶん長いヨコヨコだね

76 :承認済み名無しさん:2018/02/12(月) 22:07:18.96 ID:YV2aWidL.net

爆上げか?暴落か?どっち?
予想ゲームだよっ1f4a2.png

   お仕事アンテナトップページへ
仕事・就職活動の話題が沢山。